植城微香、初の音源「24 hours」は“自信作”手応えを語る「軽く一万回くらいは聴いた」

植城微香、初の音源「24 hours」は“自信作”手応えを語る「軽く一万回くらいは聴いた」

2018年、19歳で路上ライブを中心に音楽活動を始めた植城微香さん。洋楽に影響を受けたスケールの大きな楽曲と華のあるステージングが魅力のシンガーソングライターです。2019年には、テレビ朝日系『ミュージックステーション』で、年間150本のライブを行うシンガーソングライターと紹介されるなど、早くも注目を集めました。2021年末には、日本テレビ系『歌唱王〜歌唱力日本一決定戦〜』にて、番組史上初のギター弾き語りスタイルで出演し、鮮烈な印象を残しています。そして今年6月15日、初の音源「24 hours」で、配信デビューを果たしました。 今回は、そんな植城さんに、6月15日から配信スタートの楽曲「24 hours」に対する思いや、6月11日に開催されたプロ野球の試合前セレモニーでの国歌独唱の感想などについて伺いました。

ーー植城さんは、6月15日から配信スタートの「24 hours」が、ご自身にとって初の音源リリースとなるということですが、今の心境をお聞かせください。 嬉しい!という感情で心が満たされています。この「24hours」のレコーディングが終わってから、自分で軽く一万回くらいは聴いたと思います(笑)

それほど自分でもお気に入りで自信のある曲なので、この曲がどこでもいつでも誰でもすぐ気軽に聴けるデジタルリリースという形で、いつも応援してくれているみんなのもとに、そして新しく出会う方に届けられると思うと、嬉しくてにやけてしまいます。 ーー「24 hours」の歌詞には、失恋の切ない思いが描かれていますが、今回の歌詞に込めた思いや、特にお気に入りのフレーズがあれば教えてください。 現代を生きる人が「それな!」と小さくつい呟いてしまうくらいリアルな歌詞にしたかったので、駅前のカフェとか、インスタとか、“いいね!”とか、身近にあるものを歌詞に使いました。

私が言ってやったぜ!と思っている歌詞が、Cメロ部分の”時間が解決してくれるなんて嘘だ”という歌詞です。

私の友達が失恋したと話してくれた時に『時間が解決してくれるとか嘘よな』って返したんです。その返事が合ってるのか不安になったんですが、友達が『そう!そうやねん!』って涙目で言ったのを覚えていて。

それをあえてCメロのラストサビ前、1番盛り上がる部分にこの歌詞を入れました。この曲の裏テーマでもあります。 ーー「24 hours」のサウンド面・メロディへのこだわりはありますか? 1番こだわったのはサビのアタマです。サビ感満載のサビにしたいと思い、”トゥトゥトゥ”と連続させた音から入る形にしました。

この曲は失恋の歌詞なのに明るくて、疾走感やスピード感のあるメロディなんですが、それは「あなたのことを考えてしまって居ても立っても居られない」「この世界中を走りながら24時間あなたを探している」ようなイメージを表現したかったからです。 ーー6月11日には、京セラドーム大阪にて、オリックス・バファローズvs阪神タイガース戦の試合前セレモニーで国歌独唱されました。たくさんの方が植城さんの歌声を聴いたと思いますが、この舞台を終えて、どのような心境ですか? 少し昔の話になるんですが、2020年の12月17日に、熱い今後の打ち合わせをして、“よっしゃあ、これからがんばるぞー!”と心が燃えすぎていたことがありました。その日たまたま電車が何かのトラブルで私の帰る方向の電車だけ止まってて、でも燃えてる心は止まらないわけで(笑)

どうしようかと思い路線図を見ていたらドーム前駅という駅が目に入って、“よし!京セラドームに行こう!”となって。京セラドームを見上げながら、いろんな想いが溢れ出して。涙を流しながら『京セラドームに立てよ!自分!』と日記を残したことがあったんです。

だからまず1番最初に、“一つ夢叶った。”と思いました。そして絶対ここに私のお客さんを連れて来たいと思いました。

それと、まだまだ自分の実力不足で完璧な国歌独唱はできなかったので、悔しいとも思いましたね。“自分の立てた目標に合うような自分にならないと”と、さらに奮い立たされた日でした。

【ライブ情報】

★6月23日 (木)会場:下北沢MOSAiC(東京)時間:開場18:30/開演19:00料金:2400円(D別)/配信2000円出演:植城微香/ツチヤカレン/成田あより/waka ★7月6日(水)会場:心斎橋JANUS(大阪)時間:開場18:00/開演18:30料金:前売り2800円/当日3300円(D別)出演:kiho/村瀬真弓/KITANO REM/植城微香/ayano. ★7月22日 (金)会場:南堀江knave(大阪)時間:開場18:00/開演18:30料金:前売り2500円/当日3000円(D別)出演:下北姫菜/植城微香/高島美稀/瀧本りおな ★8月9日(火)『HUG ROCK FESTIVAL 2022 ハグの日』会場:渋谷宇田川町界隈10会場+α(東京)時間:開場11:00/開演11:20一般料金:前売4500円(D込)/当日5000円(D込)学生・女性料金:前売3000円(D込)/当日4000円(D込)

関連記事(外部サイト)