数多くのバラエティ番組に出演!指原莉乃がMCとして活躍し続けられる理由

数多くのバラエティ番組に出演!指原莉乃がMCとして活躍し続けられる理由

2022年4月から『トークィーンズ』(フジテレビ系)でMCを務めるなど、“バラエティクイーン”として活躍している指原莉乃。本記事では、アイドルを卒業後に数多くのテレビ番組でMCに抜擢されるその理由について、本人の発言や共演者の反応から考察していきたい。

【関連】指原莉乃、秋元康氏も認めた“アイドルプロデューサー”としての才能と影の努力

『トークィーンズ』の他にも『ゼロイチ』(日本テレビ系)や『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』(テレビ朝日系・ABEMA)など、現在も多くの番組でMCとして活躍している指原。『超無敵クラス』(日本テレビ系)で若い世代と共演する際には、「いつも私が最先端ぐらいの感じでいるので、こんなに知らないことがいっぱいあることが、あんまりないので、不思議な感覚になりますね」と語っており、年齢を重ねるにつれて変化する自身の立ち位置についても言及していたことがあった。

そんな指原は、過去にテレビ番組で“バラエティ番組などのフリートークをどうやったらいいか”と相談された際には、「MCの方の目線に慣れる」とMCの反応に振り回されないように心がけると回答していたことがある。これまで多くの番組への出演を積み重ねてきた指原だからこそ、その経験を活かして出演者の視点に立ち、MCとして話しやすい場づくりや対応で幅広い年代と絶妙なトークを繰り広げられるのではないだろうか。

また、共演経験のある夏菜は過去、指原について「コメントとかを求められるとすごい的確な答えを出すんだけど、自分のことは言ってんの見たことないんですよ」と語っており、自分を出し過ぎないトーク術は指原のMCとしての仕事にも存分に活かされていることだろう。

いまやバラエティクイーンとして引っ張りだこな指原は、かつてAKB48で共に活動していた峯岸みなみからもバラエティ番組についての悩みを相談されているという。以前『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演した際に峯岸は、“最近バラエティで活躍しているNMB48の渋谷凪咲の共演”について指原に話すと「なぎちゃんの明るい感じに飲み込まれるのはマズいから、ネガティブ出すなよ!」という具体的かつ的確なアドバイスをもらったというエピソードを紹介。この内容からは、指原に近しい人物が彼女の立ち振る舞いを信頼していることや、指原が常に共演者の分析を欠かしていないことがうかがえる。

しかし、そんな指原も多くの番組でMCを務めるにあたり不安もあったようで、過去にラジオ番組に出演した際には「自分の中でのMC像が後藤さん過ぎて、後藤さんみたいにやりたいのに、できないっていう壁にぶち当たってて」と憧れの存在としてフットボールアワーの後藤輝基の名前を挙げつつ、理想に近づけない葛藤を明かしていたことがあった。また、別のテレビ番組でも“大御所芸人MCとの距離感”についての悩みを明かしており、そのようなMCに真摯に向き合う姿勢が現在の活躍に繋がっているのかもしれない。

アイドルを卒業してから、さらににテレビ番組に欠かせない存在へと成長を遂げた指原。その背景には第一線で活躍するために必要な分析力と、MC業への真摯な姿勢があるのだろう。またMC業で見せる芸能人らしい一面のほかにも、自身のYouTubeチャンネル『さしはらちゃんねる』で見せる自然体な姿などが、好感度をもって愛される理由なのではないだろうか。MCとして常にアップデートし続ける指原の活躍にこれからも注目していきたい。

関連記事(外部サイト)