藤田ニコル、涼し気な浴衣姿披露&“毎年恒例”な仕事を明かす「『はい』って言うしかないやつ」

(c)E-TALENTBANK

モデルでタレントの藤田ニコル、お笑いコンビ・チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)が28日、マクセル アクアパーク品川(東京)にて開催された『「RYUGU FESTIVAL supported by TOKYO GIRLS COLLECTION」記者発表』にゲスト出演した。

【写真】イルカと握手をする様子や、全身SHOTなども公開

涼しげな浴衣姿で登場した藤田は、「浴衣は結構、久しぶりですね」といい、「今は夏祭りとかもあまりやっていないし。だから、今日、着られて嬉しいです」と声を弾ませた。

水族館の思い出が話題にあがると、藤田は、「子どものころに、お母さんに、年イチで、水族館に連れて行ってもらっていたことを、今でもすごく覚えています。1番好きなのは、シャチでした。シャチを初めて見たときは、すごく感動しました。デカくて、可愛くて。ぬいぐるみを買って帰った思い出があります」と懐かしそうに振り返った。

イベントは、水族館にて行われたが、藤田がイルカと握手をする企画が行われた。無事に握手を終えた藤田は、「ちょー最高です。イルカと握手できるって!」と感動の様子。「(イルカは)ツルツルしてました。かわいかったです」「やっぱり、哺乳類、かわいい」などと笑顔を弾けさせた。

また、最近の不思議な体験を尋ねられると、「毎年恒例なのですが、マネージャーが絶対に心霊ロケの仕事を持ってくるんですよ」と語り始めた。「私的にはNGはないのですけど、あんまり行きたくないじゃないですか。でも、行くしかないから行ってるんですけど」とも。マネージャーからは一応、「どうする?」と確認されるそうだが、藤田いわく、「その『どうする?』って、『はい』って言うしかないやつ」とのこと。「それが、明日あるんです。だから、明日、心霊ロケです」とボヤいていた。

関連記事(外部サイト)