白石麻衣・生田絵梨花・平手友梨奈ら、2022年の夏ドラマは“坂道グループ”卒業生の活躍に注目

白石麻衣・生田絵梨花・平手友梨奈ら、2022年の夏ドラマは“坂道グループ”卒業生の活躍に注目

春クールに放送されたドラマでは、『恋なんて、本気でやってどうするの?』(関西テレビ・フジテレビ系)に出演した西野七瀬、『特捜9 season4』(テレビ朝日系)に出演した深川麻衣、『花嫁未満エスケープ』(テレビ東京系)に出演した松村沙友理など、坂道グループの卒業生が活躍を見せた。7月からスタートのドラマでも、こういった“坂道OG”がさまざまな作品に出演することが決定しているが、本記事では、7月期ドラマに出演する坂道卒業生の活躍にスポットを当ててみたい。

【関連】声優初挑戦の白石麻衣、朝ドラ出演決定の長濱ねるなど、存在感を発揮する“坂道”卒業生

6月26日より放送が始まった日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)では、主人公の新町亮太郎(綾野剛)の妻である果奈子(榮倉奈々)の妹役を演じる生田絵梨花。来年上演予定のブロードウェイミュージカル『MEAN GIRLS』での単独主演が決まるなど、ミュージカル女優として着々と存在感を増している生田だが、2022年は『ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系)や、『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)、『世にも奇妙な物語’22 夏の特別編』(フジテレビ系)に出演するなど、ドラマ分野での活躍も目覚ましい。日曜劇場には初のレギュラー出演となる生田は、「姉の良き理解者として、何でも言い合えるような素敵な姉妹関係を築いていけたら」とコメントを寄せており、劇中での姉役の榮倉との掛け合いも本作の見どころとなりそうだ。ミュージカルを起点に、活躍の幅を広げる生田の演技に注目したい。

また、7月6日から放送開始する『テッパチ!』(フジテレビ系)には白石麻衣の出演が決定している。白石が演じるのは、主人公の国生宙(町田啓太)ら自衛官候補生を指導する教官であり、ヒロインの桜間冬美。自衛官という初めての役柄に学ぶことも多かったようで、公式サイトに寄せたコメントでは、「実際の女性自衛官の声の張り方や、立ち振る舞いなどを教えて頂きました」と話しており、今回の役どころについては「“冬美の女性としての強さ”を表現していければ」と意気込みを語っていた。2022年は『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)への出演も話題となった白石だが、今作では、男性の多い陸上自衛隊員たちの中で光る凛とした演技を見せてくれるのではないだろうか。

さらに、昨年の『ドラゴン桜』(TBS系)や映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』などで見せた確かな演技力が話題となった平手友梨奈は、7月7日からスタートの『六本木クラス』(テレビ朝日系)では、高校3年生にしてフォロワー76万人を誇るインフルエンサーの顔を持つヒロイン・麻宮葵役を務める。同作は大ヒット韓国ドラマ『梨泰院クラス』のジャパン・オリジナル版だが、平手の起用については、原作者のチョ・グァンジン氏が彼女の主演映画『響-HIBIKI-』(2018年)を見たことでその演技に感心し、今回の役にピッタリだと推薦していたそうで、文字通りの“ハマり役”となりそうだ。「実際に現場に入ってそこで生まれるものを大切にして演じていきたい」と意気込みを語っている平手。これまでどんどん表現をアップデートさせてきた彼女が、本作を通してどのような新境地を見せてくれるのか注目だ。

他にも、昨年公開の映画『シノノメ色の週末』で主演を務め、今年もミュージカル『FLOWER DRUM SONG』に出演した桜井玲香は、7月7日放送スタートの『あなたはだんだん欲しくなる』(BS-TBS)で、テレビショッピングの売れっ子ナビゲーター役を務める。公式サイトでは「視聴者の皆様をテレビショッピングで見事に信用させる側の人間として、ドラマの中で色々なアプローチが出来ればと思います」とコメントを寄せている桜井だが、さらに8月からは、主演ミュージカル『DOROTHY(ドロシー)〜オズの魔法使い〜』の上演も決定。映画やミュージカルでの経験から多くの引き出しを持つ桜井が見せる、多彩な演技に期待したいところだ。

数々の坂道グループの卒業生が活躍している7月期ドラマ。彼女たちが現在も第一線で活躍できているのは、アイドル時代からドラマや映画、ミュージカルなど、さまざまなジャンルでしっかりと地盤を築いてきたからだろう。坂道グループのOGとして、自分らしく輝く姿は後輩たちの道しるべになりそうだ。

関連記事(外部サイト)