伊藤沙莉、仲良しの先輩・ムロツヨシは“残念”なイケメン?「喋んなきゃカッコいいですよね」

伊藤沙莉、仲良しの先輩・ムロツヨシは“残念”なイケメン?「喋んなきゃカッコいいですよね」

7月11日、日本テレビ系『ZIP!』に、伊藤沙莉とムロツヨシがVTR出演した。

【関連】伊藤沙莉、“家がなかった”幼少期を振り返り「母は軽トラに住んでた」

今回番組では、アニメ映画『ざんねんないきもの事典』の初日舞台挨拶に登壇した伊藤とムロにインタビューを実施。その中で、ムロとは7年前の映画共演から仲良しだという伊藤は、「やっぱさすがだな、見習いたいなって思うところは結構あって。アドリブ部分とかが、やっぱセリフが書いてなくても度胸はほんとに見習いたいなって思って」とコメント。

逆に、ムロに対し“残念に感じる部分”について聞かれると伊藤は「あんまり後輩がこういうこと言うのもあれですけど」「喋んなきゃカッコいいですよね、ムロさんって」「本来はイケメンなんですよ」と話すと、ムロは「パーツパーツはいいって言われてる」「パーツパーツは75点あるけど全部揃うと20点」といい笑いを誘った。

また伊藤は「ムロさん大体しつこいから同じことずっと言ってくるんですよ」「そういうところが残念かつ愛おしく素敵な先輩だなって思います」とも明かしていた。

関連記事(外部サイト)