Hey! Say! JUMP中島裕翔、“毎日のように胃が痛かった”高校時代の苦悩明かす「人間関係の…」

Hey! Say! JUMP中島裕翔、“毎日のように胃が痛かった”高校時代の苦悩明かす「人間関係の…」

7月11日、フジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』に、Hey! Say! JUMPの中島裕翔が出演した。

【関連】中島裕翔、伊野尾慧の大学時代の思い出を回想し「オシャレになったな…」

番組では今回、占い師から“心配性なところがあり、我慢のしすぎで胃が痛くなるのではないか”といった指摘をされた中島が、学生時代の交友事情などについて振り返った。

中島は、芸能コースのある高校に入った際の様子について「ある程度やっぱ、自分たちと同じ業界にいる人たちだから、仲良くなれるかなと思ったんだけど、そこで初めて、人間関係のちょっと、面倒くささみたいなのを知って、高校1年生の時なんか、毎日のように胃が痛かったです」と回想。

また、占い師から「高校1年生、友達いなくない?」「今もそんな友達いないかも」と声をかけられると、「いないです、いないです」「本当にいないですね」と苦笑いで答えていた。

関連記事(外部サイト)