ニューヨーク嶋佐、蛙亭イワクラと“カップル不成立”でがっくり「これはさすがにハズイ」

ニューヨーク嶋佐、蛙亭イワクラと“カップル不成立”でがっくり「これはさすがにハズイ」

7月12日に放送されたテレビ朝日系『ロンドンハーツ』に、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)が出演した。

【関連】ニューヨーク嶋佐、“共演から結婚”の可能性について問われ女性タレントとの関係に言及「呼び捨てで呼んだら…」

番組では、“もしも地球上にスタジオに集まった13名の女性芸人と男性芸人しかいなかったら、誰と結ばれたいですか?”というテーマで、恋愛サバイバルゲーム・ラブマゲドンを実施。

この中で、嶋佐は蛙亭・イワクラを選び、その理由として 「ほんとに無邪気っていうかね。1回YouTubeでイワクラちゃん地元の宮崎に帰るみたいなのに俺ら同行させてもらったときに、久しぶりに地元帰ってきて、空港出た瞬間、小躍りとかしてて」「純粋で無垢だなっていうかね…そういうとこがいいよね」と語った。

しかし、イワクラが選んだのは、相方の屋敷でカップルは不成立だった。この結果に、嶋佐は「これはさすがにハズイっす。あぁ…相方だった?」と投げかけつつ、「けっこう俺と盛り上がってたと思ってたんだけどなぁ」とコメント。

そして、イワクラは屋敷の魅力について「宮崎のときもなんですけど、屋敷さんは普段あんまりキャピキャピしてないというか、クールな感じで。そいう屋敷さんがたまに楽しそうにしてるのとか見たら、ギャップとかが“うわぁぁ”ってなった」と明かすと、嶋佐は「こいつが(テンション)低いから俺がんばって盛り上げてたのに」といい、周囲の笑いを誘っていた。

関連記事(外部サイト)