朝日奈央、なかなか“1番の推しメン”になれなかったアイドル時代を回想「視界に入るように…」

朝日奈央、なかなか“1番の推しメン”になれなかったアイドル時代を回想「視界に入るように…」

7月14日深夜に放送されたフジテレビ系『キスマイ超BUSAIKU!?』に、朝日奈央が出演した。

【関連】朝日奈央、飲食店で“イラッとした”店員に対する女子の言動とは?「家じゃないよ!?」

朝日は自身の所属していたアイドルグループ・アイドリング!!!のライブを振り返り、「私のファンじゃないファンの方が、もう推しメンしか見なかったんですよ」「視界に入るように踊ってました」と話して笑いを誘った。

また、「基本、私のこと一番好きっていうファンの人、あんまりいなかったんですよ。大体3番目ぐらいに好きみたいなタイプのアイドルで」と切り出し、「だから個別握手会の時とかは、(ファンが)『あー、これから何々ちゃんのところ握手行くんだけどまじ緊張する』っていうこと言いに来て」「アップ、一回リハみたいな」「『緊張しなくて大丈夫だから』って言って『頑張ってね』みたいな役割だったから」とも話していた。

関連記事(外部サイト)