日向坂46加藤史帆、“本当に幸せ”だった『FNS歌謡祭』コラボを回想「テンションブチ上がりました」

日向坂46加藤史帆、“本当に幸せ”だった『FNS歌謡祭』コラボを回想「テンションブチ上がりました」

7月19日深夜に放送された文化放送『レコメン!』にて、日向坂46・加藤史帆が、7月13日にフジテレビ系で放送された『2022 FNS歌謡祭 夏』でのコラボレーション秘話を語った。

【関連】日向坂46加藤史帆、黒髪へのイメチェンSHOTをファン絶賛「めちゃ印象変わる!」「凄い色っぽい」

番組内で、加藤は、『2022 FNS歌謡祭 夏』でTRFと日向坂46がコラボレーションし、「suvival dAnce~no no cry more~」「BOY MEETS GIRL」を披露したことについて、「もう最高~な気持ちでした」とコメント。

続けて、加藤は、TRFはずっとテレビで観てきた存在だといい、DJ KOOについて「KOOさんずっとお世話になってて。優しくしてくださってて」「振り返ったらKOOさんがいるっていう、それが本当に幸せで」「もうKOOさんにずっと笑いかけてました」とステージについて振り返った。

また、DJ KOOのパフォーマンスについても、「テンションブチ上がりました。本当に感謝です」と話していた。

関連記事(外部サイト)