ムロツヨシ、役者として佐藤隆太に嫉妬していた過去を明かす「俺はなんであそこに行けないんだ」

(c)E-TALENTBANK

『連続ドラマW 雨に消えた向日葵』完成報告会が22日、都内にて開催され、主演のムロツヨシ、出演の佐藤隆太、大島美優が出席した。

【写真】イベント中の様子や、登壇者の個人写真も公開

同作は、ある少女失踪事件の真相を追う刑事と、失踪した少女の家族の苦悩と執念の日々を描いたヒューマンミステリー。ムロが事件の捜査にあたる刑事・奈良を、佐藤が失踪した少女の父である石岡を、大島が失踪した少女・葵を演じる。

マイクを持ったムロは、同作がシリアスでコメディ要素のないドラマであることを説明し、舞台挨拶を「どうやって真面目にやったらいいのか、まったく分かりません」と言葉に。「マスメディアのみなさま、ここから、ふざけたとしても、そこには触れないでください」と続け、笑いを誘った。

さらに、ムロと佐藤は初共演になったそうだが、ムロは、「佐藤隆太さんとも、初めてでしたので、本当はもっとワチャワチャとお芝居の話をしたかったところなんですけど」とした上で、“お互いに背負うもの”があった役柄ゆえ、「真面目な会話をせざるを得ないといいますか」と、サスペンスドラマならではの緊張感の中で撮影が行われたことを振り返った。

佐藤も、ムロが現場でも役柄を大切にしながら、緊張感の中で過ごしていたことを告げ、「(ムロは)本当に徹底されてましたよ」と述懐。

ムロとの初共演について、佐藤は「ずっと共演させてもらいたいと思っていた先輩なので、やっと共演できるとなったのですが、こういう題材の作品なので」といい、「ムロさんとご一緒するなら、コメディとか、ワチャワチャした作品を、勝手に想像していたんですね。でも、まったく真逆の作品だったので、僕自身も現場で戸惑ったんです。現場で、『ムロさーん!』って言いたいんですが、そういう感じじゃないかなと思ったんです」と、戸惑いがあったことを明かした。ただ、「完成した作品を観て、ムロさんと初めてご一緒しのたが、この作品でよかったなと思いました」と声を弾ませた。これには、ムロも、「僕も思いました」と同意。

ムロが演じた奈良は、自身の妹をある事件から守れなかったことに大きな後悔を持つという役柄だが、ムロは、「(共演者の)みなさんとも距離を置かせて頂きました。僕は、妹の事件といいますか、家族のことを背負っているので、みなさんと距離を置いて、“背負っているところ”を残さないといけないので。ワチャワチャできなかったんですよね。だから、しんどかったです」としみじみと言葉に。「初めてご一緒するスタッフさんや、若いスタッフさんが、『なんだあいつ、テレビの前とか、舞台挨拶とか、あんなはっちゃけてんのに、こんなかっこつけて、静かに現場来て、やるんだ』みたいな顔をしてました」とも笑いながら回想した。

イベントの冒頭では、ムロと佐藤がシリアスな現場に戸惑ったエピソードが紹介され、舞台挨拶も、作品の内容に沿って進行していた。が、ムロが「僕は本当に嬉しいんですよ。僕は19歳で役者を目指してますけど、佐藤隆太君を(テレビやスクリーンで)見て、『俺はなんであそこに行けないんだ』って。これは、僕らの世界の嫉妬ですよ。出たかったよ、俺だって。『ROOKIES』(佐藤主演のTBS系テレビドラマ/2008年)に、なんで、俺、いないんだって」と明かすと、佐藤は「どこに出るんですか?」とツッコミ。ムロは、「高校生側は入れないかもしれないけど、職員室側とか、相手の学校の監督とかに、俺がいてもおかしくないでしょ」と語った。この辺りから、ムロと佐藤のトークが熱を帯び、次回作は、俳優の大泉洋を加えて3人で共演したいことや、佐藤がサーファー姿を目撃された芸能人としてワイドショーで名前を紹介されたことや、ムロの姪が俳優の竹内涼真の大ファンであることなど、作品の内容を離れて、ムロと佐藤のトークが際限なく続いた。

イベントの最後、あいさつのマイクを持つと、佐藤は、「最初にムロさんも言ってましたが、あまり、ふざけるつもりはなかったんです。けっきょく、グダグダとした話にもなってしまいましたが」などと、振り返っていた。

関連記事(外部サイト)