KinKi Kids、“衝撃的”だったデビュー当時を回想「漫画みたい」「キョトンでした」

KinKi Kids、“衝撃的”だったデビュー当時を回想「漫画みたい」「キョトンでした」

7月27日に放送されたテレビ朝日系『グッド!モーニング』に、KinKi Kids(堂本光一・堂本剛)がVTR出演した。

【関連】CDデビュー25周年のKinKi Kids、常に“自然体”な2人の絆と円熟味を増す魅力

番組では、デビュー25周年を迎えたKinKi Kidsにインタビューを実施。この中で、デビュー当時についての話題になると、堂本剛は「前日に(当時副社長の)メリーさんから『あなたたち明日デビューするわよ』って言われたので」といい、故・メリー喜多川氏からの言葉を回想。

これを受け、インタビュアーが「前日に言われるものなんですか?」と投げかけると、堂本剛は「ほんとに漫画みたいなことがありまして」「キョトンでした」とコメント。続けて「CDデビューする前からライブだったり、いろんなことを経験させていただいてたので、その流れで『硝子の少年』もレコーディングしてるんですよ。“何かにまた使うんだろう”と思って歌ってましたし、ジャケット撮影もなんかの雑誌なのかなぁと」と、当時を振り返った。

そして、堂本光一が「気づいたら、“あっあの時に撮ったあの写真がジャケットなんやぁ”(と思った)」と同調すると、堂本剛は「もう衝撃的で、僕たちは」と語っていた。

関連記事(外部サイト)