三浦翔平、俳優の仕事でよくある?“本音と建前”明かす「数字が良かったら…」

三浦翔平、俳優の仕事でよくある?“本音と建前”明かす「数字が良かったら…」

8月9日、フジテレビ系『ポップUP!』に三浦翔平が出演した。

【関連】三浦翔平、妻・桐谷美玲から“厳重注意”を受けた出来事を明かす「やってしまった」

番組では今回、“信じていたのに裏切られた”出来事について、出演者らがトークを展開する場面があった。

これを受け、三浦は「仕事だと、よくドラマとか映画で、『またこのメンバーで集まってやりましょう!』で、やったためしがないなって」と苦笑いで話した。

また、「ただ、唯一正解なのは、絶対あるのは『数字が良かったらやりましょう』っていうのは、あります」と、本音で発する言葉と建前の違いについても語っていた。

関連記事(外部サイト)