神田愛花、夫・バナナマン日村からの“毎年の贈り物”を明かす「イケメンですから」

神田愛花、夫・バナナマン日村からの“毎年の贈り物”を明かす「イケメンですから」

8月10日、日本テレビ系『スッキリ』に神田愛花が出演し、夫のバナナマン・日村勇紀を好きになったきっかけなどについて話す場面があった。

【関連】神田愛花、夫・バナナマン日村との“久々2人旅”を笑顔SHOTで報告し反響「仲良しご夫婦」「最高」

番組中、“花を貰うと嬉しいものか?”といった質問に神田は「やっぱりお花って嬉しいですね。何輪だったとしても」といい、出演者から「旦那さんに貰ったりするんですか?」と聞かれると「バレンタインにいただきます」と発言。

それについて神田は、自身はバレンタインチョコはあげていないのに、逆に日村が花をプレゼントしてくれるといい、「いつもお花くださるから貰ってる一方で。それこそバラの一輪だった年もありますし、ちょっとこう小さい花束だった時もありますし。イケメンですからね」と明かし、スタジオには「ハートイケメンか!」と声が上がっていた。

また、“仕事をしていて共演者を好きになったことはあるか?”と聞かれると神田は、「やっぱりそれは夫でしたね」といい、「共演した時に前に座ってたんですけども、作っていただいた衣装が小さかったみたいで、背中が全部生肌が出てたんですよね」「それを気にせずに頑張ってたところを見て『こういう風になりたい』って思ったのが最初でした」と、日村を好きになったきっかけについても話していた。

関連記事(外部サイト)