独自コメント到着!瀧川ありさ & 流線形「残暑(cover)」 デジタルリリース

独自コメント到着!瀧川ありさ & 流線形「残暑(cover)」 デジタルリリース

瀧川ありさ & 流線形が、8月31日に「残暑(cover)」をデジタルリリースした。

シンガーソングライター・瀧川ありさが、サウンド・プロデューサーに流線形のクニモンド瀧口氏を迎え、本格的にシティ・ポップに取り組んだ前作「Highway Flyer / Warmth」のリリースから約3ヶ月で早くも次作のリリースが決定。

今作は、1984年に松任谷由実が作詞・作曲で提供した楽曲「残暑」をリバイバルカバー。流線形による夏の終わりを伝えるようなセンチメンタルなメロディとオリエンタルなサウンドに、瀧川の無垢で儚げな歌声が心地よく感じるカバーとなっている。

【瀧川ありさ コメント】

松任谷由実さんの「ノーサイド」のカバーをリリースさせていただいてから5年が経ちました。 ユーミンさんがこれまで提供されてきた楽曲にもたくさんの名曲があり、その中でも麗美さんが歌われた「残暑」はあまりの眩しさに胸が痛くなる一曲です。「ノーサイド」もそうであったように、思い入れのある曲を歌う時、自分がどんな気持ちになるのか、楽曲がどんな色になるのか、胸が躍り音楽を始めた時のようなときめきもそこにはあります。流線形サウンドが暑さが過ぎた夏の終わりにわたしたちを癒してくれます。ノスタルジックかつ色褪せない一曲になりました。

関連記事(外部サイト)