川崎希、アレクとの結婚後すぐに“不妊治療”に踏み切った理由を明かす「20代の時から…」

川崎希、アレクとの結婚後すぐに“不妊治療”に踏み切った理由を明かす「20代の時から…」

9月14日、アレクサンダー・川崎希夫妻がYouTubeチャンネル『アレクのんちゃんちゃんねる』を更新し、不妊治療について語った。

【関連】川崎希&アレク、ディズニーシーで1人2000円の“プレミアアクセス”を使用「お金払わないと40分待つから…」

動画では今回、2人の子供は不妊治療で授かったことを以前から公表していると前置きしつつ、川崎が「私はね、20代の時から、もう結婚してすぐから」と、治療を開始した時期を明かす場面があった。

続けて、「すぐ子供がほしいっていうのがあって。なかなかできなかったので、すぐ病院に」と話すと、夫のアレクは「『えっ』て思って、俺びっくりしたもん」「俺ももう、もう少しゆっくりでもいいかなと思ってもん」と当時の心境を回想。

一方で、川崎は「すごく早く(子供が)ほしくて。本当はもう20歳とかで『子供ほしい!』みたいな感じの、『子供早くほしい!』ってタイプだったから」と、早期治療に踏み切った理由を語っていた。

動画では他にも、川崎が治療前に受けた“めちゃめちゃ痛い”検査について語る場面なども公開されている。

関連記事(外部サイト)