永野芽郁、10時間以上を睡眠に費やす休日のルーティンを明かす「ずっと寝てたいぐらい」

永野芽郁、10時間以上を睡眠に費やす休日のルーティンを明かす「ずっと寝てたいぐらい」

9月21日に放送されたフジテレビ系『TOKIOカケル』に、永野芽郁が出演した。

【関連】運転好きな永野芽郁、“車で1番遠くまで行った場所”明かしスタジオ驚き「気付いたら…」

番組では、永野の休日のルーティンについてトークが展開された。この中で、休日は10時間以上の睡眠をとることがグラフで明かされ、共演者から「休みの日は(深夜)12時半くらいに寝るんですか?」と聞かれると、永野は「はい、そうですね。もう休みの日は、ずっと寝てたいぐらい寝たいです」とコメント。

また、“寝具などへのこだわりはあるのか”という質問に対しては、「寝室をやっぱり自分のスイッチを切れる場所にちゃんとしようと思って、なので、寝室で映画観たりとかもないですし」「“寝る場所”っていう空間はちゃんと作って、気持ちのいい、体に合った寝具で寝てます」と明かしていた。

関連記事(外部サイト)