「面差しがお若い」斎藤工、2007年当時の中国・敦煌での思い出SHOTに反響「懐かしい写真」

「面差しがお若い」斎藤工、2007年当時の中国・敦煌での思い出SHOTに反響「懐かしい写真」

9月26日、斎藤工がInstagramを更新した。

【写真】「面差しがお若いです」と反響の思い出SHOTを公開

斎藤は、自身のInstagramアカウントにて、「いつぞやの 敦煌」「#プライベートジャーニー #敦煌 2007 director #小林聖太郎」とハッシュタグと共に綴ると、中国の歴史文化都市・敦煌に佇む、自身のモノクロ写真を公開。

この投稿に対して、ファンからは「懐かしい写真有難うございます」「浪漫が詰まってる」「あどけないお顔」「面差しがお若いです」「好奇心いっぱいのいい顔してる」「カッコよすぎ」「素敵な思い出の写真」といった反響が集まっていた。

そんな斎藤は、現在公開中の映画『グッバイ・クルエル・ワールド』にて、フリーの犯罪者役を好演中。同作は、豪華俳優陣が集結したエキサイティング&ポップな銃撃戦クライム・エンターテインメントとなっている。

この投稿をInstagramで見る

斎藤工/齊藤工 Takumi Saitoh(@takumisaitoh_official)がシェアした投稿

関連記事(外部サイト)