仲里依紗、NYで円安を意識せずに洋服を“爆買い”してしまい驚き「16人ぐらい、諭吉が…」

仲里依紗、NYで円安を意識せずに洋服を“爆買い”してしまい驚き「16人ぐらい、諭吉が…」

9月28日、仲里依紗が自身のYouTubeチャンネル『仲里依紗です。』を更新した。

【関連】仲里依紗、NY滞在中に“血の気が引いた”体験を明かす「海外なめちゃアカンなってやつ」

動画では今回、仲がニューヨークで“爆買い”した洋服などを紹介する企画が行われ、この中で自身が購入した、クロップド丈のレモン柄のニットを「かわいくないこれ?」と披露する場面があった。

これについて仲は、「お値段もそれなりにしたもの、165ドルです。2万円ぐらいですね」と値段について切り出すと、「1万6000円だと思うじゃん!」と、現在の円安の状況を意識せずに購入してしまったと説明。

さらに、「20ドルとか言ったらさ、2000円ぐらいだと思って買ってるでしょ?違うから、4000円ぐらいだから」「怖えええ、マジ怖ええ!」と発言。

その後、“ビリー・アイリッシュみたい”といった理由で妹に勧められ、購入したカラフルなニットについても「こちらは多分16人ぐらい、諭吉が…」と苦笑いで紹介し、コメント欄には「観てる方も爆買いした気分になってスカッとする」「こんなに爆買い出来るのは日々頑張っている証拠ですよね」「一緒に爆買いしたみたいな感覚になるくらい楽しかった」「円安に負けない日本代表仲里依紗先生大好き!!!」などの反響が寄せられていた。

関連記事(外部サイト)