OWVのバラードソング「Let Go」が1位を獲得!歌詞注目度ランキングにJO1、岩田剛典ら初登場

OWVのバラードソング「Let Go」が1位を獲得!歌詞注目度ランキングにJO1、岩田剛典ら初登場

歌詞検索サービス「歌ネット」が、9月29日付の「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にOWVの「Let Go」が輝いた。2022年10月1日に音源配信されることが決まっており、11月2日にリリースされるニューシングルのタイトル曲だ。歌は<さみしいのは僕だけ?思い出の街角で Floating>と幕を開ける。「横で笑ってくれた愛するひとはもういない」のだと、別れを経験したひとの悲しみや痛み、寂しさに寄り添う美しいバラードソングに仕上がっている。

2位には、JO1の「SuperCali」が初登場。2022年10月12日にリリースされるニューシングル『MIDNIGHT SUN』のリード曲だ。9月22日に福岡・マリンメッセ福岡A館にて「2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’」の福岡公演を開催。その中で新曲「SuperCali」をサプライズで初披露した。タイトルは「Supercalifragilisticexpialidocious」という英語の呪文の略。「JO1のこれからの成長を誓い、体の隅々の細胞まで情熱を燃やす」という強い信念が込められた1曲となっている。

3位には、ちたへんりーの「さいだー」が初登場。さらに4位と5位にはそれぞれ「それは恋だぜ」と「TOKYOレジスタンス」がランクインしている。いずれも2022年9月30日にリリースされる3曲入り1st EP『さいだー』の収録曲だ。タイトル曲「さいだー」のサビには<シュワッと広がる想いが 僕をあの場所へと走らせるんだ>と綴られており、「きっとまだやり直せるはず」という想いに突き動かされる心身の模様が描かれている。

6位には、岩田剛典の「Only One For Me」が初登場。2022年10月12日にリリースされる1stアルバム『The Chocolate Box』収録曲だ。ファンの様々な人生をイメージしながら、自身がこれまでの人生の中で経験してきたことや感じてきたこと、価値観などを投影し普遍的な“愛”を表現したという1曲。ミュージックビデオも愛をテーマに制作された。

9位には、IVEの「ELEVEN -Japanese ver.-」が初登場。2022年10月19日にリリースされる日本デビューシングルのタイトル曲だ。IVEは、2021年12月に韓国でデビューした6人組ガールズグループ。同曲のMVでは、歌詞ともリンクした青や紫などのカラフルで煌びやかなセットの中、シャープでキレのあるダンスを披露。メンバーそれぞれ六人六色の魅力がぎゅっと詰まった映像になっている。

【2022年9月29日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 Let Go/OWV 2位 SuperCali/JO1 3位 さいだー/ちたへんりー 4位 それは恋だぜ/ちたへんりー 5位 TOKYOレジスタンス/ちたへんりー 6位 Only One For Me/岩田剛典 7位 やりすぎた天使/ドレスコーズ 8位 445/team445 9位 ELEVEN -Japanese ver.-/IVE 10位 33番線/WEAVER

関連記事(外部サイト)