玉森裕太・山田涼介らが見せる新境地に期待!2022年の秋ドラマで注目の“演技派”ジャニーズ

玉森裕太・山田涼介らが見せる新境地に期待!2022年の秋ドラマで注目の“演技派”ジャニーズ

10月を迎え、秋クールのドラマの話題がSNSなどでも増えてきたが、今期は、役者としての経験も豊富なジャニーズのメンバー出演作が揃っている。本記事では、この秋、作品の顔と言える主演としてドラマを引っ張るメンバーや、脇を固める重要な役どころを演じるジャニーズにスポットを当てたい。

【関連】平野紫耀・目黒蓮らが活躍!期待のジャニーズ若手たちが勢揃いした2022年の秋ドラマ

まず、夏クールのドラマ『NICE FLIGHT!』(テレビ朝日系)でパイロット役を演じたことも記憶に新しいKis-My-Ft2・玉森裕太は、10月8日放送開始の『祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~』(日本テレビ系)で、カルテを通して患者たちの秘密を優しく見破る研修医役に挑戦。これまでの作品でも、シェフやカメラマンなど、多彩な職業の役にチャレンジしてきた玉森だが、ドラマのプロデューサーは「今回の玉森裕太さんはこれまでの全てがカッコいい玉森さんとは違います! 玉森さんの新たな魅力が存分に出る作品になると自信を持っております」とコメントを寄せており、玉森の“新境地”を楽しめる内容に仕上がっているようだ。

そして、今年はドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(テレビ朝日系)や映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』などの作品で主演を務めてきたHey! Say! JUMP・山田涼介は、10月5日より放送開始の『親愛なる僕へ殺意を込めて』で、“連続殺人犯の息子”という重い十字架を背負い、さらに自身が二重人格であることから、殺人を犯してしまったのではないかと苦悩する青年を演じる。二重人格という難しい役を演じることについて、山田は公式サイトのコメントで“こういった難しい役を任せてもらえることを誇りに思う”としつつ、「今持てる全ての力を注ぎ込んで大切に演じたい」と意気込みを綴っていた。山田は、本作がゴールデン・プライム帯のドラマで15回目の主演だというが、過去の経験を活かした“全力”の演技に期待したい。

また、2021年に放送されたドラマ『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系)で主演を務めたことでも話題となった関ジャニ∞・横山裕は、10月3日より放送が始まったNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』で、福原遥演じるヒロイン・岩倉舞の兄である悠人を演じる。連続テレビ小説初出演の横山だが、今回の起用にあたって、同作のチーフ・プロデューサーは「野心家で人を怒らせるような発言をしながらも、憎みきれないユーモアをもつ男性を魅力的に表現していただけると思います」とコメントしている。朝ドラという影響力の強い作品で、ヒロインの人生に深く関わる重要な役どころをどのように演じるのか注目だ。

玉森と同じくKis-My-Ft2のメンバーである千賀健永は、10月5日深夜より放送される『夫婦円満レシピ~それでも夫を愛している~』(テレビ東京系)で、主演の佐津川愛美が演じる妻を一途に愛する夫役として出演する。同作は、セックスレスに悩む夫婦が“夫婦交換”に挑むというスキャンダラスなラブストーリーだが、千賀は公式サイトの中で「このお仕事をいただけた事、率直にすごく嬉しかったです」と前向きな心境を語っており、さらに動画配信サービス『Paravi』での先行配信にて、一足先に本編を視聴したファンからは既に「千ちゃん自然でめちゃよかった」「色気とかすごすぎてバックバクでした」などの声があがっている。今作で千賀が見せる、体当たりの演技に注目だ。

さらに、幅広い視聴者層を持つ刑事ドラマに出演が決まっているメンバーも。10月17日放送開始の『警視庁考察一課』(テレビ東京系)で“新米考察官”を演じるジャニーズWESTの藤井流星は、共演するベテラン俳優のファンらに向けて「これを機に、僕のことを覚えていただきたいです」とコメントしている。また、人気シリーズの最新作『記憶捜査3~新宿東署事件ファイル~』(テレビ東京系)に出演するSexy Zoneの松島聡は、連続ドラマにレギュラー出演するのは今作が初めて。北大路欣也や船越英一郎といったベテラン俳優らとの共演は、彼らにとっても良い刺激となり、今後のさらなる成長に結びつきそうだ。

2022年の秋は、医療ドラマやサスペンス、ラブストーリー、刑事ドラマといったさまざまなジャンルで、それぞれの個性が光る多彩な演技が楽しめそうだ。彼らが見せる“秋ドラマ”での活躍に、ぜひ注目してみてはいかがだろうか。

関連記事(外部サイト)