北村匠海、芸能活動で多忙だった中学時代を回想「暗黒期だったんで」

北村匠海、芸能活動で多忙だった中学時代を回想「暗黒期だったんで」

10月5日、フジテレビ系『めざましテレビ』に北村匠海をはじめとしたDISH//のメンバーがVTR出演した。

【関連】北村匠海、事務所から“ラブソング禁止令”?「感情が伝わらない」

今回番組では、新曲『Replay』が発売されたDISH//にインタビューを実施。この中で、この楽曲が全国学校音楽コンクール・中学校の部の合唱課題曲になっていることが紹介された。

その上で、作詞を担当した北村は、“歌詞に込めた思い”について聞かれると「リプレイできない、二度と味わえない時間だったんだなっていうのを大人になってから感じて」「ちょっと大人なふりして、リプレイできないんだぞ、味わえよ!っていうのを中学生、ないしは学生の皆さんに感じてほしいなと思って書いた」とコメント。

そして、中学生時代はどんな生徒だったか?と聞かれると、北村は「暗黒期だったんで。暗かったんですよ」といい、メンバーの矢部昌暉も「僕も人とあんまり喋れないタイプだった」と発言。他のメンバーは、北村と矢部の2人は中学生だった頃、すでにDISH//として活動していたため多忙だったと明かしていた。

しかし北村は、体育祭では張り切る方だったとして、「運動神経はよかったのでリレーとか走ってました」と話していた。

関連記事(外部サイト)