仲里依紗、夫・中尾明慶と別々のベッドで寝ている理由を明かす「ひどすぎて…」

仲里依紗、夫・中尾明慶と別々のベッドで寝ている理由を明かす「ひどすぎて…」

10月29日、仲里依紗が自身のYouTubeチャンネル『仲里依紗です。』を更新。夫・中尾明慶との“寝室事情”について語った。

【関連】仲里依紗、夫・中尾明慶が一人暮らしを経て“おじさん化”したことに衝撃?「ひゃあ〜って思った」

動画では“睡眠”の話題になり、ゲストから「家帰ってきてからも寝れないもんね?ベッド通せんぼされて」と振られた仲は、「うちの寝室ね、キツネさんの寝相がひどすぎて、ベッドをね、今年分けたわけ」「高さも違うようにしたわけよ。くっつけても来れないように」と、寝相の悪い中尾に睡眠を妨げられないよう、仲は中尾よりも“倍以上の高さがあるベッド”で寝ていると明かした。

その上で「SIMMONSの最高級のやつにしたから」「本当にね、帝国ホテルですかここは?みたいな感じのレベルのふっかふか。貴族の眠りにつけてるわけ」「だけどキツネさんのやつはですね、私の4分の1くらいのお値段ですね」と笑い交じりに話しつつ、中尾のベッドも同じブランドではあるものの、“ベッドの硬さ”が違うと説明。

続けて「そしたらさ、貴族にさぁ、足をかけて寝てるわけよ」「まじで橋みたいになっててさ、キツネブリッジ」とコメントし、笑いを誘っていた。

関連記事(外部サイト)