生田斗真、カウコン出演で1人活動ならではの苦労を実感「ストレスかかる」

18日に放送された日本テレビ系『深イイ×しゃべくり』に出演した生田斗真が、山下智久らとのエピソードを語り、ネットで反響を呼んでいる。

風間俊介、嵐・タッキーらとのカラオケで感じた生田斗真との共通点とは?「あの頃のまま止まってるから…」

番組MCのくりぃむしちゅー・上田晋也から、“グループ活動をしたいと感じることはあるか”という質問を受けた生田は、昨年末のジャニーズのカウントダウンコンサートに出演した際のエピソードを語った。

生田は、いつもは1人で楽屋を使用するが、このコンサートでは「僕と、山下智久と、風間俊介と、長谷川潤っていうのと、KAT-TUNの3人」とし、合計7人と楽屋が一緒だったことを明かした。加えて「いつも1人なので、楽屋に人がいるってこんなにもストレスかかるんだっていう」と語り、慣れない環境に苦労したと振り返った。

さらに、「(楽屋で)静かにしたい時とかあるじゃないですか」として「そうすると亀梨とかが入ってきて、歌の練習とか始めるんですよ」とKAT-TUNの亀梨和也の行動を明かし「マジ家でやってこいよ」と腹が立った心境を告白すると、スタジオは大いに盛り上がった。

生田が披露した豪華な顔ぶれのエピソードに、ネットでは「すげぇ世界」「組み合わせ超最高」「めっちゃ豪華」「私もその場に居たかった」といった声が数多く寄せられた。

関連記事(外部サイト)