鈴木伸之、愛犬を“セルフトリミング”して大変なことに「その姿がめちゃくちゃ怖くて」

鈴木伸之、愛犬を“セルフトリミング”して大変なことに「その姿がめちゃくちゃ怖くて」

11月1日に放送された日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』に、鈴木伸之(劇団EXILE)が出演した。

【関連】鈴木伸之、“お米3合を1食で”10代の頃の食生活に驚きの声「ジャーごといってましたね」

番組では、“身の回りに起こった仰天ニュース”という話題でトークを展開。鈴木は「僕5歳になるワンちゃん飼ってるんですけど」と自身の愛犬について切り出し、「トリミングにいつも連れて行くんですけど、月1ぐらいに」「ただ予約が全く2~3回取れない時があって」と前置きした。

その上で「どうしようかなと思って、僕バリカン持ってたので、その時夏だったので、もう自分で刈っちゃった方が早いなと」「で、刈り始めていったらなんか、最初はアタッチメントつけて長く刈ってたんですけど」と話しつつ、だんだん物足りなくなってしまい、最終的に短く刈りすぎてしまったと説明。

続けて「めちゃくちゃ可愛い犬なんですけど、ゾンビ犬みたいになっちゃって」「夜たまに手洗いで起きた時とかに廊下で待ってるんですけど、その姿がめちゃくちゃ怖くて」と明かしつつ、「もう(毛は)生えました。生えたんですけど、ちょっとやりすぎちゃったな~と」と、反省を覗かせていた。

関連記事(外部サイト)