明石家さんま、ナイナイ岡村と共演した際の「反省点」を明かす

3月23日に放送されたフジテレビ系『さんまのお笑い向上委員会』に出演した明石家さんまが、ナインティナインの岡村隆史と舞台で共演した際の“反省点”を明かした。

菅田将暉、さんまにも言われたグサッときた言葉「ちょっとさみしい」

番組冒頭でトーク中に例えツッコミを披露したさんまに対し、芸人たちは「すぐに出てくるからね」と賞賛した。これに中川家の礼二は「手帳に書いてたやつですか?新幹線でいつも書いてる…」とさんまには未だに“ネタ帳”があると暴露。スタジオに驚きの声が上がる中、さんまは「あれはこないだの『駐在さん』を舞台でやったやん。それの反省点」と明かし、2月に行った舞台『さんま・岡村の花の駐在さん』で岡村と共演した際の“反省点”をメモしていたと語った。

そして先輩芸人である間寛平が杖を縦横無尽に振り回し、突然真っ直ぐ突進してくるネタに対し「真っ直ぐもあるぞ」と岡村が先に“オチ”を言ってしまったことを振り返り「あ〜!言いよった。と思って…」とコメント。自分のことではなく岡村の舞台でのミスを手帳に記載していたと明かし、「人のやつや。悪口やな…」と発言しスタジオの笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)