yui、第4子出産前にレコーディングしたFLOWER FLOWERの新作「灯火」配信リリース

FLOWER FLOWERの新作「灯火」配信リリース

FLOWER FLOWERがyui(Vo.Gt)の誕生日でもある3月26日(火)に、約1年ぶりの新曲「灯火」を配信リリースした。

FLOWER FLOWERは昨年3月にアルバムをリリース後、自身のツアーやフェスへの出演など精力的に行う中で、ニューアルバムの制作も同時に進めていたという。

先日、第4子出産がアナウンスされているyui、今回リリースされた「灯火」については、出産前にレコーディングが行なわれたようだ。今年1月、2月には、band acoustic ver.として、自身の楽曲「月」「神様」のリ・アレンジ・バージョンを連続配信リリースし、バンドのポテンシャルの高さと幅の広さを感じさせるものだったが、約1年ぶりの新作は、yuiのアコースティックの弾き語りデモを元にバンドアレンジし、出来上がった曲ということだ。

この新作について、本日誕生日を迎えたばかりのyuiは「歳を重ねるごとに色んな事を経験します。楽しい事も悲しい事も悔しい事も後悔も…。でも、そんなどの想いも大切でかけがえのないものなんだなぁと日々感じています。たくさんの人に支えてもらいながら歳を重ねて、色んな事を経験したからこそ出来た曲なんじゃないかなという曲です。今回曲のテーマにしたのは愛です」とコメントをしている。

前述の通り、出産で滞ったものの、すでにフルアルバムの制作が進んでいるというFLOWER FLOWER。3カ月連続の配信リリース3曲がしっとりとした曲調が続いたことから、yuiは「アコースティックバージョンから新曲まで静かな曲が続きましたが、まだまだ尖った部分など隠しきれない部分(笑)もどんどん新曲に込めて出していきたいと思っていますので、これからも暑苦しいFLOWER FLOWERについてきてください!」ともコメント。

彼らの言う“丸いもの”(CD)の発表が期待される。

関連記事(外部サイト)