中居正広、仕事での人間関係に対する想い吐露「二度と会うつもりはない…」

3月27日に放送された日本テレビ系『ナカイの窓』に出演した中居正広が、同番組への想いを語った。

中居正広、タッキー&翼へのアドバイス明かす「2ショットを見せて…」

番組では、「最終回ハワイSP 後編」と題し、MCの中居正広とゲストがハワイでロケに行った様子が、先週の前編に引き続き放送された。この中で、番組が最終回を迎えるにあたって、出演者が『ナカイの窓』に対する想いを語る場面があり、中居もコメントを残した。

番組の終盤、中居は「このメンバーでこのスタッフと一緒に皆さん、また会う日まで、さよなら(ということは)もう二度とないです。経験上、二度とない」と語り、同じ顔ぶれで仕事をすることはないと語った。また、「ここで二度と会うつもりはない想いの方が、僕はいいと思います」とし、「そしたら、次お仕事する人と『もうこの人達と二度とできないんじゃないかな、この人達ともう共演できないんじゃないか』って想いでやって欲しいなとは思います」と強調した。

加えて、中居は「でもねえ、ナカイの窓ね…楽しかったのよ」と番組への想いを滲ませるような声で明かした。さらに、「これ言ったらなんか申し訳ないけども」と切り出し、「あのねえ、俺、ビデオ録ってたのよ」とし、「ビデオ録ってちょっとやっぱり見とこうかな〜、チェックしなきゃいけないなっていう番組だったのよ」と、同番組が中居にとって特別な存在だったという心境を覗かせた。

最後に中居は、「ということで、お疲れ様でした!」と明るい調子でコップを持ち上げて乾杯を促し、共演者やスタッフを労うような様子を見せながら、番組を締めくくった。

関連記事(外部サイト)