オリラジ藤森慎吾、中田敦彦に「思ったこと言っていこう」吉本退所後の“衝突”と決意明かす

オリラジ藤森慎吾、中田敦彦に「思ったこと言っていこう」吉本退所後の“衝突”と決意明かす

6月7日、オリエンタルラジオ・藤森慎吾が自身のYouTubeチャンネルを更新。はんにゃ・金田哲とのトークの中で、相方・中田敦彦とのエピソードを明かした。

【関連】オリラジ中田敦彦、YouTube進出時に相方・藤森が賛同しなかった理由とは?「それがもう“全て”」

今回の動画では、藤森が、ブレイクのきっかけになった“武勇伝”や“PERFECT HUMAN”は中田の構想で、自分はそのプランに乗る形だったが、吉本興業の退所後はそれぞれ自分の意思を主張し始めたと切り出す場面があった。

藤森は、「去年とかだっかかな。結構ガチめに…」「あっちゃんとしては、会社辞めてからYouTube1本でやってたから」「俺はまぁ、レギュラー番組はそのまま引き継いでやったりとか、そっから新たに増えた仕事とかもやりつつ、YouTubeやってたんだけど、1回結構、電話で『お前マジでもうちょっとYouTube本気でやれよ』ってなって」と、中田から言われた言葉を回想。

さらに「『もちろんYouTubeもやるけど、別に全部を注ぐわけにはいかないから』って、『だったらテレビとかの仕事セーブして、辞めるなりしてやれよ』って。『それは別に言われる筋合いなくない?』つってちょっと言い合いになった」と、中田とのエピソードを明かした。

続けて、「でもその何日か後に、意外とそういう時あっちゃんが『ごめん』って謝ってくれんだけど。俺がたまに、数年に一回だけグッて感情出す時は、後日ちょっと電話来て謝ってくれたりするんだけど」と説明。

その上で、「だからね、ほんとに一個決めたの。もう俺思ったこと言っていこうと思って」と、相方に対しても自分の意見をしっかりぶつけていくという決意を明かしていた。

関連記事(外部サイト)