ユースケ・サンタマリア、Mr.Childrenとの対バン振り返り「レベルが違う」

4月13日、TBS系『人生最高のレストラン』にユースケ・サンタマリアがゲスト出演した。

星野源・ミスチル桜井・米津玄師etc…“彼氏にしたい男性アーティスト”の堂々1位に輝いたのは?

番組では、ユースケが愛する様々な思い出のグルメに関してトークを展開。その中で話が大分時代にさかのぼるとユースケは「あの一応ね、大分ではちょっと知られたバンドやってたんです」と切り出し、全国ツアーも開催できるほど人気だったバンドマン時代に初めて東京のライブハウスに訪れた際のことを語った。

そして「その時の対バンがMr.Children。アマチュア時代の」と発言。今では日本を代表する人気バンドであるMr.Childrenの名前を挙げるとスタジオからは驚きの声が上がった。

続けてユースケは「それ見て、辞めたほうがいいか、俺たち」「だって歌めちゃくちゃ上手いし」と当時のMr.Childrenの演奏に衝撃を受けた様子を明かした。

さらにバンドの活動費を稼ぐため、カセットテープを1000円で売っていた自分たちに対し、Mr.Childrenや東京のバンドは宣伝のために無料で配っていたと話し、「あ、ダメだこりゃレベルが違う!」とバンドとしての姿勢が違ったことを振り返った。

関連記事(外部サイト)