内田理央、主演ドラマとリアルが完全連動でファン歓喜「おもしろ過ぎる」

内田理央主演『向かバズ』放送中に現実世界をドラマ化させる異例の演出が話題

昨日、女優の内田理央の主演ドラマ『向かいのバズる家族』第3話の放送中にて、現実世界で放送と全く同じ内容を内田がInstagramで生配信するという前代未聞の演出があった。

昨日の放送は、内田演じる主人公で、カフェの美人店長としてバズってしまった「あかり」が、アルバイトの不注意でネットをざわつかせたことなどをきっかけに、SNS上で生配信を行うというもの。ドラマ内で生配信のシーンが流れると同時に内田がInstagram上で劇中のあかりと全く同じ服装&シチュエーションで生配信を始めたのだ。

これには視聴者も「あかりのインスタの連動企画おもしろ過ぎるわ あかりとだーりおを交互に見て得した気分やわ」「バズる家族で内田理央が役でインスタライブしてるリアルタイムで内田理央がインスタライブするとか天才か」「ドラマ内と同じ服装で内田理央さんがinstaライブで同じセリフを言っててびっくり。 今こういう演出も出来るのね。面白い」「向かいのバズる家族、参加型ドラマって感じで新し楽しい。」「だーりおのドラマと連動したインスタライブめっちゃかわいかった だーりおかわいすぎる」などの声を寄せた。ドラマの演出を現実世界にリアルタイムで落としこんだ演出に視聴者も驚愕の様相だった。

本企画には放送前より、予兆があった。内田のInstagramが突如「akaring(カフェcorona店長)」へと改名されており、劇中の「あかり」によってアカウント乗っ取られていた。放送中に何かが起こると宣言されていたが、その内容は明言されておらず、ネットをざわつかせていた。

内田が生配信を始めると、深夜にも関わらず一気に7000人近くの視聴者が訪れ、コメントが殺到。配信の最後には、ドラマと同じように“ナマハゲチョップ”という「あかり」の裏アカウントを他人事のようにを紹介。すると驚いたことにこの“ナマハゲチョップ”のTwitterアカウントまで実際に存在していたのだ。当アカウントは約15分ほどの極短い時間の生配信の後、一夜にして1000人のフォロワー増加を遂げた。

これまでにも、あらゆる演出でドラマ界の新時代を開拓しつつある『向かいのバズる家族』はまだまだ3話を終えたばかり。時代の移り変わりでドラマ界に変革を巻き起こすかもしれない。

関連記事(外部サイト)