安田大サーカスHIROがダイエットを決意した瞬間を振り返る 「団長とかクロちゃんが」

記事まとめ

  • 安田大サーカスのHIROが18日の『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』に出演
  • 脳出血で命を落としかけていたHIROはダイエットを決意した瞬間を語った
  • 「団長とかクロちゃんとか親が泣いてくれてた」「長生きしないと」と当時を振り返った

安田大サーカスHIRO、ダイエットを決意した瞬間を語る「泣いてくれて…」

4月18日深夜、テレビ東京系『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』に安田大サーカスのHIROが出演した。

志尊淳、2カ月で18キロのダイエットに成功した方法を語る

番組では“死にかけた芸能人SP”として死にかけた経験のある芸能人が出演しエピソードを披露。その中で、近年“激やせ”して話題となったHIROも出演した。

HIROは“明るいおデブキャラ”でお茶の間に笑いを届けていたが、2017年6月に高血圧が原因となる脳出血で命を落としかけていたと紹介された。

当時についてHIROは「片頭痛が昔からあって、倒れる前に頭を木刀でドツかれる感じ」「フルスイングされてる感じの痛さがあって」と頭痛と嘔吐に襲われて病院に行ったが大きな病院を薦められ、その移動中の救急車の中で意識が飛んでしまったと説明。

続けて「そこから1週間ぐらいは意識が全くない」と1週間ほど意識が戻らなかったと振り返った。

そして目を覚ました際について「ちょうど最初に団長とかクロちゃんとか親がお見舞いに来てくれて、泣いてくれてたんですよ」と安田大サーカスのメンバーや親が涙を流していたと振り返り「これは完全に長生きしないと、親より先に死んだらダメだなと思って」「本気で頑張りました」と長生きするためにダイエットを決意したと語った。

関連記事(外部サイト)