吉沢亮、窮地に立たされた瞬間「死ぬかと思いましたね」

吉沢亮、窮地に追いやられた瞬間「死ぬかと思いましたね」

4月18日、フジテレビ系『VS嵐』に出演した吉沢亮が、窮地を乗り越えたエピソードを語った。

吉沢亮、長澤まさみの“美しさ”に「隣で見ていたい」

番組では、映画『キングダム』チームとして吉沢らがゲストとして出演。嵐チームと様々なゲーム対戦を行った。

番組では登場人物たちがさまざまな困難を乗り越えていくという映画の内容にちなんで、”窮地を乗り越えたエピソード”のトークが展開され、吉沢は「結構前なんですけど、北海道でイベントを朝からやるっていう日があって」と自身の体験を振り返った。

「朝から飛行機に乗っていくっていうあれだったんですけど、がっつり寝坊して」「出発の10分前ぐらいに起きて」と、遠方で行われるイベント当日に大幅に寝坊してしまったことを吉沢が語ると、スタジオからは驚きの声が上がる。

続けて吉沢は、「そのまま急いで向かいましたけど、結局全然乗り遅れ」と予定の飛行機に間に合わず、数本後の飛行機に乗りこんで北海道へ向かったことを明かした。

本来の到着時間を大幅に遅れて北海道へと降り立ったという吉沢は「(空港からの)行きのタクシーの中でバーッって服脱いで着替えて、メイクして」「本番10分前に着いてそのまま出るみたいな」と、タクシーの車内でバタバタと準備をした様子を回想し、その当時の心境を「それは結構死ぬかと思いましたね」と苦々しく語った。

関連記事(外部サイト)