クアイフ、名古屋グランパス2019シーズンオフィシャルサポートソング「Viva la Carnival」のMVを解禁

名古屋グランパス2019シーズンオフィシャルサポートソング「Viva la Carnival」のMVを解禁

愛知出身在住の森彩乃(Vo./Key.)、内田旭彦(Ba.)、三輪幸宏(Dr.)からなる”絶対的、鍵盤系ドラマチックポップバンド”クアイフが、2月23日に配信リリースした楽曲「Viva la Carnival」のMusic Videeoを解禁した。

同曲はクアイフの出身である愛知を拠点とするJリーグクラブ・名古屋グランパスの2019シーズンオフィシャルサポートソングとしての書き下ろし曲で、試合に勝利した後のカーニバル(=選手を讃えるゴール裏スタンドの歓喜)の瞬間をいつも待ち望んでいる選手・サポーターの気持ちを描いた躍動感あふれる楽曲。

Music Videoは、豊田スタジアムに集結したファン・サポーター約100人の輪の中で、クアイフが「Viva la Carnival」を演奏。全員の喜びに満ちた笑顔とテンポ感あるカメラワークが、まさにカーニバルの名にふさわしい映像に仕上がっている。

クアイフは現在東名阪ワンマンツアー中。ぜひライブ会場でもその歓喜の歌を体感してみてはいかがだろうか。

関連記事(外部サイト)