ベッキー、片岡コーチとの“キューピット”の存在明かす「わが子のような」

ベッキー、幸せを導いた「わが子」の存在

4月21日に放送された日本テレビ系『行列のできる法律相談所 3時間!さんまVS怒れる美男美女軍団!初告白連発SP』に、今年1月に片岡治大・読売巨人軍内野守備走塁コーチと結婚したベッキーが登場。2人の関係性を深めたという「わが子のような」と呼ぶ愛犬について語った。

【写真】ベッキー、鶴瓶・近藤春菜・吉高由里子・水川あさみ・剛力彩芽ら豪華メンバーからのサプライズお祝いに「なにかの、春の特番かな?」

番組内のVTRにて、ベッキーと片岡コーチを繋げた存在として、片岡コーチが2年前から飼っていたイタリアングレイハウンドの愛犬・お市が紹介された。お市は犬好きのベッキーにすぐ懐き、ベッキーの姿が見えないと鳴いて探し回るほどだという。

ベッキーは「オフがあると、この子(お市)中心でスケジュールを決めるし」と、オフを愛犬と共に過ごしていることを語り、その存在を「わが子のような」と表現した。そして「お互いに犬が好きだったっていうのは、すごく大きい」と、愛犬の存在が2人の絆を繋げたことを告白。

番組スタッフから「旦那さん(片岡コーチ)とお市の性格って似ているところがあった?」と聞かれると、ベッキーは照れたように笑い声をあげ、「優しいところが似てると思います、以上」と、満面の笑顔で答えた。

関連記事(外部サイト)