ぺこぱ松陰寺、シュウペイとの“不仲エピソード”求められることに不満吐露「俺たち浅くねえから!」

ぺこぱ松陰寺、シュウペイとの“不仲エピソード”求められることに不満吐露「俺たち浅くねえから!」

10月5日、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』に更新された「納言幸のやさぐれ酒場」に、ぺこぱ(シュウペイ・松陰寺太勇)が出演。松陰寺がシュウペイとの関係性について語った。

【関連】ぺこぱ松陰寺、娘の教育に父親として感じる不安を吐露「どれが正解か分かんなくて」

動画の中で、松陰寺とシュウペイに対して“お互いに普段言えていないことや直してほしいところはあるか?”といった質問が飛ぶと、松陰寺は「本当に制作の側ってさ、不仲が好きだよね!」と切り出し、相方への悪口や不満を引き出そうとする質問をされる機会が多いと語った。

その上で松陰寺は「言わせてもらうけど、俺たちは12年売れなかったのよ、12年売れなくて、やっと世に出れたのよ」とコンビのこれまでを振り返り、“解散しなくてよかった”という思いが2人の共通認識だとして、「世に出れたすぐよ?『相方の不満ありますか?』とか、バカヤロウ!」「(シュウペイは)よく俺について来てこれたわ、と。感謝しかないわけよ!」と、シュウペイへの感謝を口にした。

こうした発言を受け、シュウペイも「そういうことをトークにして、もちろんこっちも応えなきゃいけないけど、ないものはない!」と話し、「相方に娘生まれた時、俺マジで嬉しくて泣いたからね。それを、悪い奴だと思ってるわけないじゃん」と発言。

さらに、松陰寺は「ビジネス喧嘩してるやつが1番嫌いよ!俺は!」と、視聴者や制作サイドを意識して不仲を装うことが嫌だと主張し、「ビジネスで片付けられるほど、俺たち浅くねえから!」と熱弁していた。

関連記事(外部サイト)