佐々木蔵之介、天海祐希と“熱愛報道”出た当時のやり取りを回想「知らんけどそうなん?」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 佐々木蔵之介は天海祐希と舞台『マクベス』で交流。
  • 熱愛報道時、天海から電話があり『知らない』と答えた。
  • 佐々木は天海と仲良く共演したことが多かった。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

佐々木蔵之介、天海祐希と“熱愛報道”出た当時のやり取りを回想「知らんけどそうなん?」

10月22日、TBS系『日曜日の初耳学』に、佐々木蔵之介が出演。天海祐希との関係性について話す場面があった。

【関連】天海祐希、自分自身に異常に腹が立ったこととは?「示しがつかないじゃないですか」

今回番組では、佐々木をゲストに迎え、さまざまなトークを展開。この中で、“1人20役”を演じた伝説の舞台『マクベス』(2015年)について振り返った。

この舞台について、天海からも“天才だ!”と絶賛されたといい、佐々木は「観に来てくれて。『蔵ちゃん、あなたね、凄い事やってんのよ』って」「『よくやった!本当凄いわ!』って」「その時にメールも色々くれて」「翌日に喉の薬と体力を回復する薬をわざわざ劇場に差し入れしてくれて」と、天海との交流を語った。

また、天海とは、“あまみん、蔵ちゃん”と呼ぶ仲だとして、佐々木は「共演することも多くてね、夫婦役も多くてね」とコメント。

そして、過去に“熱愛報道”が出たことについて触れられると、佐々木は「そうそうそう!全然知らん」「(天海から)『蔵ちゃん、私ら熱愛みたいやで』って電話で。『え!俺知らんけどそうなん?』って。『なんか私のとこに(記者が)来た』とかって。『知らんし、どこに住んでんの?』みたいな、そんなんでした」と、当時の2人のやり取りを明かしていた。

関連記事(外部サイト)