関口メンディー『パリピ孔明』への出演は予想外の出来事?「本当にコンプレックスすぎて…」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 関口メンディーがドラマ'パリピ孔明'出演が予想外だった理由を語った。
  • 以前参加したバラエティ番組で歌合戦で優勝してから、歌が下手だとコンプレックスを感じるようになった。
  • ブラック人と誤解されがちな自分に対して、期待される歌唱力がないことにストレスを感じ、カラオケも嫌いになったという。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

関口メンディー『パリピ孔明』への出演は予想外の出来事?「本当にコンプレックスすぎて…」

10月29日に放送されたフジテレビ系『ボクらの時代』にて、関口メンディー(EXILE・GENERATIONS from EXILE TRIBE)が、歌うことに対するコンプレックスを明かした。

【関連】 関口メンディー、謎の多い“キャラ変”に片寄涼太も疑問「どうしたんだろうな…」

今回番組では、現在放送中の同局のドラマ『パリピ孔明』に出演している関口、菅原小春、森山未來がさまざまなトークを展開した。なお、関口は同作で、歌って踊れるスーパーアーティスト・前園ケイジ役を演じている。

ダンスだけでなく歌にも挑戦している関口は、「いや、信じられないです」と切り出すと、「それこそいろんなバラエティに注目してもらえるきっかけの1つに、『歌へた王座選手権』で優勝したっていうのがあるんですよ」と、過去の出演番組の企画を振り返った。

続けて「その時に歌ったのが(EXILEの)『Rising Sun』だったんで、『Rising Sun』でもうビリになっちゃったんで」「ちょっとこれもうクビかな?みたいな感じで」と冗談まじりに話しつつ、「本当にコンプレックスすぎて、歌が下手っていうのが」と明かした。

そして「やっぱブラックの血が入ってる人って、踊りでも歌でも“上手いんじゃね?”みたいのあるじゃないですか。“リズム感良いんでしょ?どうせ“みたいな」「期待値が勝手に上がってて」「カラオケ行ったらNE-YO入れられるし、いや歌えない歌えない!みたいなことがずっとあったんで、もう行きたくない!カラオケとか!っていうふうな感じだったんですけど」と苦笑いしていた。

関連記事(外部サイト)