上白石萌歌、最終回を迎えた『パリピ孔明』思い出SHOTに反響「号泣」「早速ロスです」

パリピ終了で"早速ロス"の声

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 上白石萌歌が主演ドラマ『パリピ孔明』最終回後に思い出ショットをInstagramで共有。
  • ファンからは最終回に感動したという反響や、ドラマが大好きだったとのコメントが寄せられた。
  • 上白石は月見英子役を演じて人気を博した『パリピ孔明』に感謝の意を表明した。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

上白石萌歌、最終回を迎えた『パリピ孔明』思い出SHOTに反響「号泣」「早速ロスです」

上白石萌歌、最終回を迎えた『パリピ孔明』思い出SHOTに反響「号泣」「早速ロスです」

11月29日、上白石萌歌がInstagramを更新した。

【写真】Tシャツ姿で微笑む姿など撮影オフSHOTを公開

上白石は、自身のInstagramアカウントにて、「ドラマ『パリピ孔明』すべての出会いに感謝。」「最後まで観てくださったみなさん、ありがとうございました!」と、11月29日に最終回を迎えたフジテレビ系ドラマ『パリピ孔明』について触れ、Tシャツ姿で微笑む姿や、向井理など共演者の写真を複数掲載した。

この投稿にファンからは「号泣」「最終回とても感動しました」「早速ロスです」「今シーズンで一番ハマったドラマでした!」などの反響が寄せられていた。

2011年に開催された第7回『東宝シンデレラ』オーディションでグランプリを受賞して芸能界デビューし、女優として活躍しつつ“adieu”名義でアーティスト活動も行っている上白石。今回触れていたドラマ『パリピ孔明』では、バイトしながら歌手を目指す少女・月見英子を演じた。

この投稿をInstagramで見る

上白石 萌歌(@moka____k)がシェアした投稿

関連記事(外部サイト)