大久保佳代子、ブレイク後の“人間不信”を告白「嘘みたいな…」

大久保佳代子『一茂&良純の自由すぎるTV』でブレイク後の"人間不信"を明かす

記事まとめ

  • 5月8日放送の『一茂&良純の自由すぎるTV』にオアシズ大久保佳代子が出演した
  • 大久保は長嶋一茂やIKKOと共にさまざまな飲食店で食事をしながらトークを展開
  • 大久保はブレイクの時期が過ぎた今、誕生日も人が来なくなったと人間不信を告白

大久保佳代子、ブレイク後の“人間不信”を告白「嘘みたいな…」

大久保佳代子、ブレイク後の“人間不信”を告白「嘘みたいな…」

5月8日に放送されたテレビ東京系『一茂&良純の自由すぎるTV』にオアシズ・大久保佳代子が出演した。

【別の記事】大久保佳代子、高額貯金に関するニュースに「訂正をしません」

大久保は長嶋一茂・IKKOと共に東京都赤羽を訪れ、さまざまな飲食店で食事をしながらトークを展開。この中で、大久保は「私は2013年がピークだったんですよ。売れてたんですよ」と話し始め、続けて、大久保が2013年に大ブレイクし、翌年のテレビ番組出演本数ランキングで女性部門1位を獲得したことがVTRで明かされた。

大久保は、かつての大ブレイクの時期が過ぎ50歳を目前に控えた今、人間不信に陥っているとして「(ブレイクしていた)その時バァーッと人が来て、誕生日とかこんな(大きな)嘘みたいなケーキとかもらえたり、シャンパンもらったり。(今は)誕生日も来なくなり…」と人々の変化を明かし、周囲の笑いを誘った。

IKKOが「そういうのに限っていなくなるのよね」と同調するような様子を見せると、大久保は頷きながら「いなくなる」とコメントし、苦笑いしながら「あっ、こういうことなんだ〜って思って」と締めくくった。

関連記事(外部サイト)