有吉弘行「スターだな」と思った人物を明かす「カッコよかった…」

有吉弘行が「スターだな」と思った人物とは?

5月8日に放送されたテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に有吉弘行が出演した。

【別の記事】有吉弘行、ロケで言われた“禁断の一言”明かす「あんたらより…」

番組では、“もらった手みやげや差し入れはその場で開けていいのか?“というメールが寄せられ、有吉とマツコ・デラックスがトークを展開した。

この中で、有吉は嵐のコンサートに行った際、差し入れを持っていくべきかどうか悩み、結局持っていかないことにしたというエピソードを披露した。

さらに、有吉は「コンサートってこんなになってんだって思ったね」と感想を述べ、マツコは「私たちバラエティー畑の人間は、やっぱり音楽ってすごいよね。あれが芸能だよ」「ちゃんとお金かけてやってさ、お金も時間もかけたものを見せるわけじゃん」とコメントし、華々しい音楽の世界こそ芸能界の中心ではないかと語った。

有吉も「やっぱ歌、すごいよ」とマツコの意見に同意し、「この前も福山雅治さん初めてお会いしたけど、やっぱカッコよかった〜。これがスターだなって思ったね、やっぱり」と振り返った。

続けて、「やっぱスターは握手してくるね」とコメントし、福山と握手を交わしたことを明かした。これを受け、マツコが「じゃ、今日から(握手)やってよ」と提案すると、有吉は「ダメだよ。俺のは選挙の握手だもん。媚び売りの握手」と福山の握手とは意味合いが違うと語って、スタジオの笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)