松本人志、“自身の代役”を提案し小池栄子「務まるかなぁ」

松本人志、“自身の代役”を提案

5月8日、TBS系『クレイジージャーニー』に出演したダウンタウンの松本人志が自身の代役となる人物を明かした。

【別記事】松本人志、結婚した理由を明かす「腹立ってきて」

番組のオープニングトークでは、出演者のバナナマン・設楽統が「もし『クレイジージャーニー』の収録をですね、止む無く欠席という場合に、自分の代わりこの人ここのポジションにって言われたら誰を推薦するかという」と切り出し、“自分が収録を欠席した場合に代役を誰に頼むか”というテーマでトークを展開した。

これに松本は「僕は西岡徳馬」と即答。周囲からは笑いが起こり、小池栄子は「務まるかなぁ徳馬さんに」とコメントした。

松本が「なんか、安心感無いですか?」と言うと設楽は「安心感はあるかも」と返し、松本は「すごいですよあの人の頑張りというか」と西岡について語った。

関連記事(外部サイト)