新体制となったGYZE、ニュー・アルバム『ASIAN CHAOS』リリース決定

新体制となったGYZE、ニュー・アルバム『ASIAN CHAOS』リリース決定

北海道出身のメタル・バンド、GYZE。国内よりもヨーロッパを中心とした海外での活動にて脚光を浴びている彼等が、4枚目のフル・アルバム『ASIAN CHAOS』を古巣ビクターのBLACK SHEEP RECORDSよりリリースすることを発表した。

また、7月10日のリリースに先駆けて、6月7日よりアルバムからのタイトルチューンのミックスVer.「Asian Chaos(Far Eastern Mix)」を先行シングルとし、全世界同時配信することも併せてアナウンスされている。

今作『ASIAN CHAOS』は、GYZEのメインコンポーザーでもあるRyojiの「バンドとして海外で活動する中で、日本人のアイデンティティとして純邦楽の格好良さ、雅楽の抒情的なメロディの美しさをメタルと融合させることにより、唯一無二、オリジナリティとスケール感あふれるGYZEをより強く印象付けられるのでは」との考えから、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)という雅楽の管楽器の演奏者をレコーディングに招きコラボレーションした楽曲も含む、まさに令和の幕開けにふさわしいアルバムとなった。

そして、今作にはDragonForceのヴォーカリストであるMarc Hudsonがゲスト・ヴォーカルとして参加した楽曲も収録されている。これは海外でのフェスやツアーでDragonForceのメンバーと仲良くなったRyojiがゲスト・ヴォーカルのオファーをしたところ快く応じてくれたもの。MarcがGYZEの楽曲にどんなエッセンスを加えてくれているか、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。また、日本盤ボーナス・トラックには、X JAPANの名曲「Forever Love」のカバー曲も収録されている。

さらに、今作から新メンバーとしてRyojiの師匠でもあるSHINKAIがギタリスト兼マニュピレーターとしてGYZEに加入することも発表された。

また、現在バンド活動を離れているドラマーのShujiに変わり、サポート・ドラマーを務めるHannyaの加入もアナウンスされているが、バンドはあくまでもShujiがGYZEに戻ってくるのを待つ考えでおり、1日も早い復帰が望まれている。

関連記事(外部サイト)