有吉弘行、過去に飲みの席で揉めたエピソード語る「喉仏持ったまま…」

有吉弘行、過去に飲みの席で揉めたエピソード語る「喉仏持ったまま…」

5月29日放送のテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に有吉弘行が出演。過去に飲みの席で揉めたエピソードを語った。

【別の記事】有吉弘行、ダレノガレ明美に付けた“あだ名”に反響「やはり秀逸」

番組では「絡まれている芸能人を見て『有名なのも大変だなあ』と思いました」という視聴者からのメールを受けてトークがスタート。有吉は「ちょっとでも反撃したら、僕らは、“はい、暴行”でしょ。相手の名前は出さないけど」と嫌な絡み方をしてくる人に対して少しでも反撃すればメディアでは“暴行”と報道されるとして、現在の芸能人の立場を弱さを主張。「そこがあるから、怖い」と漏らした。

また過去のエピソードとして「揉めたことはいくらでもある」とし、「どっちもが喉仏持ったまま立ち尽くすっていう」と、過去に飲みの席で絡まれた際、その相手と揉めたあげくお互いの喉仏を掴みあうことがあったと告白。「ちょっとでも(力)いれたら、気管つぶれて終わりだ、みたいな」と当時のエピソードを語り、笑いを誘った。

しかし有吉が、今はそんなことできないとし、「警察呼ぶしかないよ」と相手が少しでも手を出してきたら応戦せず、警察に頼むしかないと現在の対応について語った。

関連記事(外部サイト)