嵐・櫻井翔、子供時代の習い事明かし「投資を無駄に…」

6月6日放送のフジテレビ系『VS嵐』に出演した嵐・櫻井翔が、子供時代の習い事について明かした。

【別の記事】嵐・櫻井、メンバーとの食事に使われる”嵐システム”を告白

番組では、“芸事は6歳の6月6日から始めると上達する”といわれていることにちなみ、子供の頃の習い事についてのトークが展開された。

その中で櫻井は「お袋が働いてるからめちゃめちゃ多かったですよ。エレクトーン、水泳、習字もやってたでしょ、油絵だって俺習ってたでしょ?」と、数々の習い事を挙げた後「まあだから、油絵と習字だな、ほんとに」と含みを持たせてコメント。

これについて嵐・二宮和也から「(油絵と習字)が、役に立ったってことですか?」と質問されると、櫻井は「いや、ほんとに投資を無駄にした。親に謝りたい」と明かしてスタジオを笑わせた。

関連記事(外部サイト)