“俺スカ”出演中!堀家一希が「全てをかけるくらいの気持ちで臨んだ」オーディションとは?

“俺スカ”出演中!堀家一希が「全てをかけるくらいの気持ちで臨んだ」オーディションとは?

今年初めにはTBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』、4月からは日本テレビ系ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』と立て続けに、話題作に出演中の堀家一希さん。その他にも、6月14日に公開される映画『泣くな赤鬼』に、柳楽優弥さん演じる斎藤智之の高校時代の役として出演するなど、めざましい活躍を見せています。そんな堀家一希さんに、現在の仕事について、ご本人について、様々な質問に答えていただきました。

ー現在放送中の日本テレビ系ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で駒井和真役を演じていらっしゃる堀家一希さんですが、“ゲイで女装家の高校教師”の生徒役、という設定について、初めて聞いた時にはどう感じられましたか?

絶対に面白くて、沢山笑えるドラマになるだろうなと思いました。

ー高校が舞台ということで、同年代や年下の共演者が沢山いる撮影現場かと思いますが、どんな雰囲気ですか?

実年齢が高校生に近い共演者の方が多いので、リアルな高校生活に近いとても賑やかで明るい現場です。

ー撮影期間中、何か印象深かった出来事はありますか?

1話で長尾(謙杜)さん演じる若林が屋上から飛び降りるシーンの撮影です。あの日はとても寒くて、かつ僕たちの位置が日陰だったので、みんなでなんとか暖を取ろうと必死でした。

ー堀家さんは6月14日に全国公開される映画『泣くな赤鬼』で、柳楽優弥さん演じる斎藤智之の高校時代の役を演じていらっしゃいますが、この役が決まられた時はどんなお気持ちでしたか?

これに全てをかけるくらいの気持ちで臨んだので、決まった時は本当に嬉しかったです。

ー撮影現場ではどのように過ごされましたか?共演者の方とは交流はありましたか?

現場に入る前に野球練習があったのですが、そこで野球指導をしてくださった僕と同い年くらいの役者さんと何度か食事に行かせてもらい、沢山この作品のことを話し合ったことが思い出です。

ー映画では野球少年という設定のため、坊主頭も披露されていますが、髪型に抵抗はありませんでしたか?

絶対にこのオーディションに受かるという気持ちで臨んだので、決まった時には抵抗はほとんど無かったです。

ー堀家さんはご自身の性格について、どんな性格だと思っていますか?

とても面倒くさがりで、やりたくないことは諦めちゃうこともあります。努力するときはするんですが、そうじゃない時は努力していないことを自分の中で正当化する癖もあって、、自分の性格はあまり好きではないです。

ーお忙しい日々を過ごされていると思いますが、1週間のお休みがあったらどう過ごしたいですか?

実家に帰るとか、あとは旅行に行ってみたいですね。

ー最近、はまっていることは何かありますか?

竹原ピストルさんが大好きで最近ずっと聴いています。他には読書、ギター、日記を書き始めたりもしています。

ー最後に、ファンの方に一言お願いします。

第一線で活躍されてる役者の方と比べて自分は本当に足りないところが沢山あるので、これからどんな役をやるかも、どんな作品に出られるのかも分かりませんが、自分の芝居を観て少し楽しくなったり頑張ってみようと思ってくれたり、そういう何か心の支えみたいなものになれたらな、と思います。僕なりに頑張ろうと思うのでどうか今後ともよろしくお願いします。

【映画情報】

映画『泣くな赤鬼』(c)2019「泣くな赤鬼」製作委員会6月14日(金)全国公開配給: KADOKAWA

堤 真一 / 柳楽優弥川栄李奈 竜星 涼 キムラ緑子 麻生祐未

原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)監督:兼重 淳 脚本:上平 満 兼重 淳主題歌: 竹原ヒ?ストル「おーい!おーい!!」(ヒ?クターエンタテインメント)

関連記事(外部サイト)