マツコ、出演番組が“嫌われてる都道府県”を語る「うちの番組好きなのもう…」

マツコ、出演番組が“嫌われてる都道府県”を語る「うちの番組好きなのもう…」

6月17日、日本テレビ系『月曜から夜ふかし』に出演したマツコ・デラックスが、同番組を嫌っていると思っている都道府県について語った。

【別の記事】マツコ「7回くらい断ってる」絶対にNGなロケ地とは?

番組では、埼玉県の話題を紹介する“埼玉ヘッドラインニュース”という企画が行われ、そのVTRの中に、埼玉県和光市の市長が登場する場面があった。

これを受け、関ジャニ∞の村上信五は「『夜ふかし』ってわかっててインタビュー受けてくださったんでしょ?」とスタッフに質問。スタッフが肯定すると、マツコは「まだ埼玉にも協力して下さる自治体があるってことね」とコメントした。

続けて「完全に嫌われたんだけど埼玉から」として「反省すべきとこはあるのよ、一時埼玉で食べてたから、この番組。結構しつこかったよね」とし、嫌われたという理由について分析した。

また、過去の放送で横浜市民に対し“感じ悪い”などの発言をしてきたマツコは「埼玉からも嫌われ、横浜からは当然嫌われてますから」として「京都も嫌いなんじゃない?うちの番組。結構いじるわよ、京都」と発言。続けて「多分うちの番組好きなの、もう滋賀県だけよ」とコメントし、周囲の笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)