坂口有望、初のバンド編成全国ツアーファイナルで爽やかな恋ソング「ワンピース」の配信リリースを発表

坂口有望、初のバンド編成全国ツアーファイナルで爽やかな恋ソング「ワンピース」の配信リリースを発表

住み慣れた大阪を離れ、4月から東京にて大学生活を送っている18歳のシンガーソングライター・坂口有望が、バンド編成では初となる全国ツアー『単、ジュン、メイ、会 tour』全7公演のファイナルを6月23日(日)、名古屋CLUB QUATTROにて開催した。

”単”独でジュン(June)とメイ(May)にファンのみんなに”会”いに行くtour、という意味でつけられたこのツアーは、彼女のライブ定番曲「好-じょし-」や「おはなし」、「お別れをする時は」などに加え、多くの未発表曲が披露されたが、その中から新曲「ワンピース」を7月17日(水)に配信リリースすることが発表された。

この楽曲は、女の子らしさ全開の、すべてのティーンへ坂口有望が贈る恋愛応援歌。初デートでの待ち合わせをテーマに、淡くてキュンキュンする乙女心を風に揺られるワンピースになぞらえた、ミディアムラブチューンとなっている。

配信リリースの発表と同時に、恋する乙女の勝負服とも言える、風に揺れる白いワンピースと赤いハイヒールの夏らしい爽やかなジャケット写真も公開された。

なお、6月26日(水)には、坂口有望が月に1度地元大阪でレギュラー生出演をしているラジオ番組FM OH!『Music Bit』内にて、新曲「ワンピース」が初オンエア予定となっている。

さらに、「ワンピース」のMusic Video撮影時の写真も公開された。Music Videoは、白いワンピースに身を包んだダンサーと一緒に坂口有望も踊る、華やかで可愛らしいものとなっている。

関連記事(外部サイト)