南キャン山里『桜を見る会』で首相に“登場の挨拶”を披露し予想外の事態「SPが…」

南キャン山里、『桜を見る会』で首相に持ちギャグを披露するも「SPが…」

6月23日、日本テレビ系『サンバリュ あの時は本気でテンパった』に南海キャンディーズの山里亮太が出演した。

【別の記事】オードリー若林、南キャン山里の結婚への反応が世間と違った理由明かす「酔っぱらうたびに…」

番組のスタジオトークで「生放送やイベントでテンパったことはありますか?」と聞かれた山里は「イベントで、『桜を見る会』っていうの初めて呼ばれたんですけど」と首相が主催し、各界の著名人が招待される花見会に呼ばれたと話し始めた。

「南海キャンディーズで行かせていただきまして」と相方のしずちゃんと共にコンビで招かれたことを振り返り、「総理と奥様とで、1人1人挨拶してくれるじゃないですか」として、その際芸人が自分の持ちギャグを披露すると首相がやってくれるというくだりがあったと説明。

続けて「『代表的なギャグないな』と思って、『そうだ!』と。ご夫婦で男女でいらっしゃるから」として、南海キャンディーズの登場の挨拶を披露したと語った。

しかし、「『どうもー、南海キャンディーズでーす』ってやって、しずちゃんが『バーン』ってやった瞬間にSPが前に入ってくるっていう」と、しずちゃんが手で銃を撃つポーズを取った瞬間SPが来てしまったとコメント。

山里は「SPがガン睨みだよ」とその際のSPの形相を再現し、スタジオは笑いに包まれた。

関連記事(外部サイト)