チョコプラ長田、ひったくり犯を捕まえた過去語る「犯人タックルして…」

チョコプラ長田、ひったくり犯を捕まえた過去語る「犯人タックルして…」

6月26日放送の日本テレビ系『衝撃のアノ人に会ってみた!』にチョコレートプラネットの長田庄平が出演した。

【別の記事】和泉元彌、チョコプラ長田ブレイクで生じた“ある現象”に一苦労

番組VTR中、“4年前にひったくりを捕まえた吉本芸人”として長田が登場。当時について、「後輩のいぬ(芸人)と一緒にご飯食べ行ったんですけど、『キャー!ひったくりー!』っていう声聞こえて、そのままバッ!って犯人タックルして、ザーって(倒して)。そしたらすかさずいぬがきて、いぬが首バッて押さえて…」と語るも、相方の松尾駿から「ややこしいんだよ、本物の犬が首噛んだみたい…」とツッコまれ「後輩のいぬです」と後輩芸人のいぬ・太田隆司であると補足し笑いを誘った。

また、犯人を猛スピードで追って捕まえたという長田だが、学生時代は走り幅跳びの選手だったらしく、50メートル走は5秒後半だったとその俊足っぷりを明かしスタジオを驚かせた。

これをうけて、空手の世界王者に輝いた経験のある横浜流星は「自分も長田さんみたいに正義感をもってとっさに対応できる人でありたいなとは思ってるので…」と発言。番組MCのチュートリアル徳井義実が「流星君やったら、ほんまに、あれより全然大ニュースになってる」とコメントしスタジオを盛り上げた。

関連記事(外部サイト)