篠原涼子が吉永小百合への"お願い"明かす TOKIOらも驚き

記事まとめ

  • 篠原涼子が、26日放送のフジテレビ系「TOKIOカケル」に出演した
  • 篠原は、吉永小百合にお願いして作ってもらったという"楽屋のれん"を紹介
  • TOKIO松岡昌宏が「作ってくださったんですか?」と確認するなど、周囲を驚かせた

篠原涼子、吉永小百合に“お願い”して作ってもらったものとは?「ご一緒させていただいたときに…」

6月26日放送のフジテレビ系『TOKIOカケル』に篠原涼子が出演した。

【写真】小室哲哉、篠原涼子との「20年ぶり」再会2ショット公開で「お二人とも笑顔がステキ」「胸熱です」

番組では“スマホで何撮る?”というテーマでトークを展開。篠原は映画や舞台の楽屋の入り口にかける“楽屋のれん”の写真を紹介し、「13年ぶりに舞台をやって、吉永小百合さんに、憧れの、に頂いたんです」と吉永からもらったものだと語った。

さらに篠原は「映画でお芝居、ご一緒させていただいたときに『本当にお願いがあるんですけど』って言って。そしたら作ってくださって」と楽屋のれんを作ってもらえないか吉永に頼んだと明かし周囲を驚かせた。

これにTOKIO松岡昌宏が「よくね、『お名前お貸しいただけますか』って言ったら『もちろん私のでよければ』って言って、こっちが作ってお名前を(入れる)ってのはよくやりますけど、作ってくださったんですか?」と確認すると、篠原は「作ってくださったんです」と答えた。

関連記事(外部サイト)